看護師がダイエットに励む場合

別の記事にて、産後は看護師に返り咲くことでダイエットになる、と記しましだが、もちろん看護師として働く場合も気をつけておきたいポイントがあります。それは、生活が不規則になるが故に太ってしまうことです。ダイエットをしたいと考えている人もいるでしょうが、看護師が無理なダイエットで体調を壊してしまっては意味がありません。では、どのようなダイエットを行っていけば良いのでしょうか。

看護師には夜勤の仕事もありますので決まった時間に食事を取れないことも多く、つい夜中に甘いものなどを食べてしまうこともあるでしょう。このような生活を続けていれば、当然太りやすくなってしまいます。そのため、夜勤の時の食事はカロリーを抑えたものを取るように心掛けたり、お腹が減っても甘いものなどは控えたりする努力が必要となります。また、看護師と言う仕事上ストレスも絶えないため、ストレスから食欲へと走ってしまうケースも多いでしょう。そう言った食欲に走ってしまいそうなストレスを感じているのであれば、ダイエットとストレス発散を兼ねて休日に運動などを取り入れることをオススメします。汗を掻くことは、心身共にリフレッシュ効果があるため一石二鳥だと言えるのです。

このように、看護師の場合には仕事柄不規則な生活となってしまうことから、産後ダイエットどころか気をつけておかなければ太ってしまう要因も多くあるのが実情です。ダイエットをするのであれば、看護師でも無理のないダイエット方法を取り入れていくことが大切となってきます。